行政書士高田事務所  
内容証明郵便のことは内容証明研究会

信頼の声
内容証明郵便の基本
時効と債権回収
内容証明と慰謝料請求
内容証明と労働問題
労働問題の種類
解雇ルールと予告手当
不当解雇対処法
-メルマガバックナンバー-
パワハラ裁判例での賠償額
職場でのパワハラ
労働基準法の改正
倒産による解雇
労働契約法施行
派遣先からの解雇
解雇予告手当て
平均賃金の算出
賃金とは?
-オススメ書籍-
労働問題参考書籍
-Q&A-
アルバイトの雇用保険加入
お客のクレームで解雇
完全出来高払いは違法?
セクハラの慰謝料
給料減額分の請求
未払い賃金を請求
退職したい。方法は?
-お役立ち情報-
年末調整
労働どっとネット
内容証明と悪徳商法
内容証明書と不動産
内容証明と相続問題
交通事故
ペットトラブル
告訴・告発
多重債務
契約解除・損害賠償
民 法
消費者契約法
おすすめ書籍一覧
新聞提供記事
無料相談・お問い合わせ

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリ別一覧
Powerd by
まぐまぐ

お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク



高田が共著で執筆しました

内容証明郵便で解決 > Q&A一覧 > 労働問題Q&A一覧 > 給料の減額分は請求できますか?

給料の減額分は請求できますか?


質問

4ヶ月前から給料を減額されています。会社からは、通知も口頭での説明もなく、一方的に月給の約28%の減給です。

この給料では生活を維持していくことが困難で、今月付けで退職を決心しました。退職にあたり、今まで支払われていない給料の差額分を全額会社に請求したいのですが、どのようにしたらよいでしょうか?

回答

会社からの一方的な労働者の同意のない労働条件の不利益変更は無効です。

賃金カットをするには、会社は減給しなければならない合理的な説明をし、さらに労働者個々の同意が必要とされます。十分な説明もなく一方的な賃金カットに納得できなければ、内容証明で減給の無効を法的な根拠から主張し、給与未払い分の請求をしましょう。

今月退職されるそうですので、内容証明は今までの未払い分の合計と今月分の給与の満額を要求(さらに退職金の支払いも。)する形にするとよいと思います。

今すぐ相談する!  このページの一番上へ





高田が共著で執筆しました


告訴告発・刑事事件
ペットトラブル解決
債権回収方法と手続
男女の慰謝料請求サイト
エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
解約どっとネット
労働基準法解説
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
不動産トラブル解決
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
債務整理4つの方法

事務所概要 | プライバシーポリシー | ホーム | 労働どっとネット
  Copyrigh(C) 2004-2014 行政書士高田事務所 , All rights reserved.  
無料相談 内容証明郵便で解決 お客さまの声 事務所概要 内容証明郵便で解決 無料相談 無料相談